ムツ・アジ釣のポイント

黒ムツ・アジ・サバは周年狙えまたアジ・サバは最も安定した釣果
が期待できる釣物です。主なポイントは和田沖〜鴨川沖の鴨川
海溝周辺の起伏に富んだ場所になります。水深80〜200m位の
中層〜底を狙います。黒ムツ・アジ・サバは早朝に同じ餌(小魚)を
狙い捕食します。その反応の中にフラッシャーサビキを落し釣ります
。コマセは使いません。

*針数が多いため手などに釣り針を刺さないように充分注意してく
ださい。釣り針は刺さりやすく抜けにくいように作られています。

用意する物

@中深場の釣りですから電動リールが必要です。貸道具がありま
すのでご予約の際お申しつけください。
Aオモリは基本的に150号です。竿は120号負荷の1.8〜2.5
m位がお勧めです。
B仕掛けはフラッシャーサビキ7本針です。宿に用意しています。

実釣のポイント

@反応のタナの指示がありますので、その上下を探ってください。
ただしムツは底〜底上10m位までになります。
A基本的に薄暗い時は浮き上がり明るくなると底に行きます。
Bアタリが出たら落ちていく時のアタリの場合仕掛け分位糸を出
して追い食いを狙い手巻きである程度巻いてから電動オンして
ください。
Cサビキ仕掛けなど針数の多い仕掛けはなるべく数多くの魚に
喰わせて釣ることがポイントになります。
D電動は基本的に中速以下でドラグは緩めにしてください。


テクニック編

@慣れてくるとアタリによってアジ・サバ・ムツ・メダイなどが分かる
ようになりまた追い食いも分かるようになります。
Aアジなどは口が弱く強引に巻き上げるとバレてしまいます。ウネリ
や波が高い時はウネリの頂点に船がきた時に電動の回転が止まる
か逆転する位に調整してください。
Bサミングしたり巻き上げたりしてタナを探ってください。